投稿日:

外壁塗装の劣化を見極めるためのポイント

こんにちは!埼玉県所沢市に拠点を構え、県内から小平市などの東京都において、外壁塗装・屋根塗装や防水・シーリング施工といった業務を幅広く手掛けている北田塗装です!
外壁塗装の状態を測っていくためには、知っておきたい劣化の兆候がいくつか存在しています。
もちろん詳しい検査は専門業者にしか行えませんが、具体的な劣化の兆候を知っておけば、自分でもある程度の状態を把握していくことができるでしょう。
今回は外壁塗装工事に関心をお持ちの方に向けて、外壁の劣化の兆候についてご紹介いたします。

代表的な劣化のサイン

クラック
まず外壁塗装の劣化のサインとして挙げられるのが、塗膜に生じるクラックと呼ばれるひび割れです。
これは塗膜の材料として含まれている樹脂が、太陽光に含まれている紫外線や熱の影響をけることで発生する現象です。
紫外線と熱によって影響を受けた樹脂が膨張し、既に固まっている塗膜を樹脂が内部から押し上げることによって、クラックが発生します。
クラックがあると、その割れ目から雨の水分や湿気などが侵入していき、塗膜の下の外壁を侵食してしまいます。
水分や湿気の影響を受けた外壁にはさまざまな劣化が生じてしまうため、やがて住宅の外壁に対する深刻なダメージを招いてしまうでしょう。
続いて挙げられるのが、塗膜の表面にチョークのような白い粉が発生するチョーキング現象です。
チョーキング現象も同様に樹脂が紫外線の影響を受けて、分解させることによって発生します。
チョーキング現象が起きてしまうと塗膜から樹脂が抜けてしまい、その部分に隙間が生じることによって、塗膜の劣化を招いてしまうでしょう。

日当たりのよい壁面に触れてみる

クラックについては目視で確認することができますが、チョーキング現象は目で見ただけではわからないことがほとんどです。
そこでチョーキング現象の発生を確認するための方法として推奨させていただきたいのが、日当たりのよい面の外壁に手で触れてみるというやり方です。
日当たりのよい壁面は紫外線を大量に浴びるため、最も早くチョーキング現象が発生する面となります。
手で触れたときにチョークのような白い粉が付着すれば、チョーキング現象が起きてしまっていると判断できるでしょう。

北田塗装へご相談ください!

ご相談ください
北田塗装は埼玉県所沢市に本社を置く塗装業者として、これまでに数多くの施工を手掛けて参りました。
お客様のご要望を第一に考えて、あらゆるご依頼に対して高品質な施工をご提供させていただきます。
各種塗装工事をお求めの際には、ぜひ北田塗装へご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

所沢市など埼玉県で外壁や屋根の塗装工事は北田塗装
ただいま塗装工・新たな現場スタッフを求人中です!
〒359-0041
埼玉県所沢市中新井1-907-2
電話:04-2968-3962 FAX:04-2968-3962

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

戸建て住宅 塗装工事

戸建て住宅 塗装工事

戸建て住宅 塗装工事 戸建て住宅の塗装工事を行ないました。 外壁塗装から屋根塗装、ベランダの防水工事 …

ベランダ床の防水トップコート

ベランダ床の防水トップコート

ベランダ床の防水トップコート処理を行いました。 …

塗装のご依頼はありませんか?

塗装のご依頼はありませんか?

はじめまして!北田塗装です。 弊社では、埼玉県所沢市を拠点に、各種塗装工事の他、外壁リフォームに伴う …